自作PCクラフト

パソコン整備士の資格を持ったスタッフがご希望に沿ったPCをお作りします。 修理・改造等も行っております。

様々なパソコンの組み立て・修理・改造等代行を行っております。

カテゴリ: PCパーツ相場

※中古パーツを除く新規パーツの価格帯で御座います。

PCケースはThermaltakeよりVersa H26シリーズが販売されており、最安値3,983円前後と価格も安く
コストパフォーマンスに優れているモデルでお勧め出来ます。

CPUはインテルCore i9 9900Kが注目されています。最安値が64,663円前後で安くなってきております。

AMDではRyzen 5 2600 BOXが最安値が21,664円前後で売れ筋で御座います。

デスクトップ向けAPUグラフィック機能搭載モデルのRyzen 5 2400G最安値17,643円前後、Ryzen 3 2200Gが最安値11,577円前後となっており、グラフィックボードを非搭載で運用しながら様子をみて必要に応じてグラフィックボード購入をしていくような運用方法も可能となっております。

Ryzen 5 2400Gのゲーム検証動画




社外品CPUファンに関しては空冷ではサイズの虎徹 MarkII SCKTT-2000がお勧めです。
最安値3,227円前後となっております。

DDR4メモリは一般的な速度のモデル(DDR4-2666)で8GB×2枚組16GB)が
最安値13,000円前後で販売されております。

マザーボードはインテルチップセットZ390仕様の上位マザーボードが最安値11,750円で
販売されています。
AMDのX470チップセット仕様の上位マザーボードは最安値が14,421円となっております。

ビデオカードの注目はMSIのRadeon RX 580が最安値25,980円と比較的安価で購入できます。
GTX1060の6GB版は最安値で26,978円になります。人気は非常に高いです。
GDDR5Xモデルも発売されました。

Serial ATA 6Gb/s SSDは容量250GB~500GBが容量、価格的にも一般的に使いやすい売れ筋な容量となっております。
容量250GBで最安値価格5,371円前後と手の出しやすい価格帯になりました。
M.2 PCI-Express仕様も容量256GBクラスでしたら6000円~入手可能となっております。

ハードディスクは大容量化が進み、容量、価格的に4TB以上からがお勧めです。
容量4TBで最安値8,521円前後から購入できます。

電源ユニットについては、現行のシステム構成では省電力化が進んでおり、一般的な
ゲーミング用途のパソコンも、SLIやストレージを複数ジョイントする等、特殊な
用途、仕様にしない限りは750Wクラスでも十分に対応出来ます。
750Wクラスで最安値6,110円前後よりプラグイン式のモデルが購入出来ます。
ビデオカードを搭載しない場合は更に低い容量でも問題ありません。

上記を見ながら、今月の格安構成でゲーミングPCを見積もってみましょう。
続きを読む

他の追従を許さない最高峰レベルのゲーミングPCの見積価格で御座います。
コストパフォーマンス重視も兼ねております。

※中古パーツを除く新規パーツの価格帯で御座います。

CPUはCore i9 9900Kが注目されております。最安値が65,776円となっております。

お勧めはCore i7 9700Kで、スレッド数が8でターボ・ブースト利用時の最大周波数が
4.90 GHzあり、キャッシュ最安値が12MBととても高性能です。48500円となっております。

CPUクーラーは虎徹 MarkII SCKTT-2000で3300円で販売されております。

対応するマザーボードでお勧めはASRockのZ370 Pro4で、最安値11980円で販売されております。

メモリはDDR4-2666デュアル8GB×2仕様で最安値13956円となっています。

グラフィックボードはGeForce GTX 1080の小型タイプが最安値64778円で販売されております。

SSDはSYSTEM用ドライブはインテル製で容量256GBのM.2で最安値6666円で販売されております。

ファイル保管用のHDDはウェスタンデジタルより4TBの容量で最安値8832円で販売されております。

電源ユニットは80PLUS Silver取得の静音ATX750W電源が最安値7410円で販売されております。

PCケースはThermaltakeよりVersa H26シリーズが販売されており、
3983円前後と価格も安くコストパフォーマンスに優れているモデルでお勧め出来ます。

上記を見ながら、今月の中旬でのお勧め構成でゲーミングPCを見積もってみましょう。

Z370 Pro4(L1)
続きを読む

※中古パーツを除く新規パーツの価格帯で御座います。

PCケースはThermaltakeよりVersa H26シリーズが販売されており、
3,929円前後と価格も安くコストパフォーマンスに優れているモデルでお勧め出来ます。

CPUはインテルCore i9 9900Kが注目されています。65800円前後で前回より4,200円程
安くなってきております。

AMDではRyzen 7 2700Xが37,560円前後で人気が御座います。

前回お勧めしたAMDのRyzen 5 2600は23,430円と最安値が更新されております。

社外品CPUファンに関しては空冷ではサイズの虎徹 MarkII SCKTT-2000がお勧めです。
価格 3,300円前後となっております。

DDR4メモリも前回と同じ物で一般的な速度のモデルで8GB×2枚組(16GB)が
現在価格13,000円前後で販売されております。

マザーボードはインテルチップセットZ390仕様の上位マザーボードが最安値12,494円で
販売されています。
AMDのX470チップセット仕様の上位マザーボードは最安値が14,421円と500円程の価格アップ
となっております。

ビデオカードの注目はMSIのRadeon RX 580が最安値24,980円と比較的安価で購入できます。
GTX1060の6GB版は前回より価格が上がって最安値で27,980円になります。人気は高いです。

SSDは容量250GB~500GBが容量、価格的にも一般的に使いやすい売れ筋な容量となっております。
容量250GBで価格5,000円前後と手の出しやすい価格帯になりました。

ハードディスクは大容量化が進み、容量、価格的に4TB以上からがお勧めです。
容量4TBで価格8,600円前後から購入できます。

電源ユニットについては、現行のシステム構成では省電力化が進んでおり、一般的な
ゲーミング用途のパソコンも、SLIやストレージを複数ジョイントする等、特殊な
用途、仕様にしない限りは750Wクラスでも十分に対応出来ます。
750Wクラスで価格6,500円前後よりプラグイン式のモデルが購入出来ます。

上記を見ながら、今月の中旬でのお勧め構成でゲーミングPCを見積もってみましょう。

IMG_0299
続きを読む

※中古パーツを除く新規パーツの価格帯で御座います。

CPUの人気は平均70,000円と非常に高価ですが、インテルCore i9 9900Kが注目されています。
コストパフォーマンスで人気があるCPUはAMDのRyzen 5 2600が価格 25,000円前後でございます。

社外品CPUクーラーで人気な商品は虎徹 MarkII SCKTT-2000となっております。
こちらのCPUクーラーは価格も安く、シンプルに作られていますのでトラブル
も少なくよく冷えてお勧めできます。価格 3,500円前後

DDR4メモリは速度差によって値段が大きく変わってきますが、販売個数が多く一般的な速度
のモデルで8GB×2枚組(16GB)で現在価格15000円前後で販売されております。

マザーボードはインテルチップセットZ390仕様の上位マザーボードが13000円程で入手可能です。
AMDのX470チップセット仕様の上位マザーボードは14000円程で入手可能です。

ビデオカードの人気は価格が比較的安価なRadeon RX 570の注目度が高くなっております。価格24000円前後
GTX1060の6GB版も人気がございます。価格25,000円前後

SSDは容量250GB~500GBのが容量、価格的にも一般的に使いやすい容量となっております。
容量250GBで価格6,000円前後

ハードディスクは大容量化が進み、容量、価格的に3TB以上からが一般的なサイズとなります。
容量3TBで価格8,500円前後

電源ユニットについては、現行のシステム構成では省電力化が進んでおり、一般的な
ゲーミング用途のパソコンでも、SLIやストレージを複数ジョイントする等、特殊な
用途、仕様にしない限りは750Wクラスでも十分に対応出来ます。
750Wクラスで価格7,000円前後

実際に今月の上旬での値段的にリーズナブルなお勧め構成での
ゲーミングPCの見積もりをしてみましょう。

paso001
続きを読む

↑このページのトップヘ