ハードディスクドライブ(HDD)
ハードディスク

内部にプラッタという円盤のようなディスクが複数枚はいっており
モーターで回転していて、ヘッダという部分で書き込み、読み込みを行っています。
ヘッダが移動してデータの読み書きをしている為にハードディスクではSSDほど高速にはなりません。

サイズ、容量、インターフェイス
基本的なデスクトップパソコンでの増設や換装は3.5インチサイズを使用します。
大容量化と低価格化により、4TB以上のモデルが比較的安価になっております。
一台で10TB以上の大容量のモデルもあり、編集した動画などの保管場所としても
長く利用できます。
SATA接続(Serial ATA)が現在の主流となっています。
Serial ATA 6Gb/s対応のモデルがお勧めです。
旧モデルではIDE接続のモデルもあります。

回転数、キャッシュ
回転数はプラッタの回転する速度の差で、回転数が高いモデルほど短時間で読み書きが
可能となります。
その分、モーター音などの騒音や発熱が高くなり消費電力もあがります。
キャッシュはデータを一時的に保管する場所で、キャッシュサイズが大きいほど
読み書きの速度が上がります。


ソリッドステートドライブ(SSD)
SSD

大容量なフラッシュメモリが使用されてハードディスクのような物理的な動作がなく
近年、SSDの容量が大きくなってハードディスクの代わりにSSDが使われるようになりました。
ハードディスクと比べ、衝撃に強く読み込み速度も高速で消費電力も低いなど、メリット
が多いです。

サイズ、容量、インターフェイス
2.5インチが一般的なサイズで、種類も豊富です。
SATA接続規格のモデルは安価になってきており、ゲームのインストール先用に
SSDを使いロード時間を短縮するような利用に向いています。
M.2接続規格のSSDはSATA規格のSSDよりも速度が速く、小型です。
近年のマザーボードでは、M.2が採用されているものが多くなっています。

M.2
高速であるために熱を持ちやすく、読み込みや書き込みが多い場合には
熱暴走を起こしてしまう恐れがある為、専用のヒートシンクも販売されています。
SSDはハードディスクと比べ容量での価格は高くなりますが、500GBクラスでも10,000円を
切る製品も多くなってきて普及しています。

NAND型フラッシュメモリーの違い
SLC(シングルレベルセル)
耐久性が高いが価格がとても高価で企業向けの製品です。
MLC(マルチレベルセル)
耐久性がよく、SLCより低価格です。
TLC(トリプルレベルセル)、3D MLC、3D TLC
MLCと比べると耐久性は劣りますが、一般的には問題ない耐久性で低価格です。
QLC(クアッドレベルセル)
TLCより耐久性は劣りますが実用に問題ない耐久性で低価格です。

ハードディスクとソリッドステートドライブの違いを紹介いたしました。
SSDはシステムやよく使うアプリケーションをインストールして運用し、
ファイルの保管場所にはHDDを使うのがお勧めです。


Crucial SSD M.2 500GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe 5年保証 正規代理店保証品 CT500P1SSD8JP
Crucial(クルーシャル)
2018-10-25









お気軽にご相談、ご依頼くださいませ。

TEL 055-919-0354
上記ショップサイト内のお問い合わせ、ブログのメッセージ投稿欄でのお問い合わせやTwitterも返信致しております。
よろしくお願いいたします。