メモリー選びのポイント

IMG_0005

メモリーはCPUが作業するプログラムデーターの一時的な置き場所となります。
容量が大きいほど多くの作業を効率よく行うことができます。
メモリーもCPUと同じようにクロック周波数の種類があり、読み書きの速度に違いが出てきます。

容量
基本的にWIndows10を利用しながら複数作業を同時に行う場合でも8GBあれば十分ですが、
高画質の動画編集やVRゲーム、仮想PCを使用するなどの用途があれば16GB以上は必要となってきます。

デュアルチャンネル
同じ規格で同じ容量のメモリーを2枚挿す事により、処理を高速化するデュアルチャンネルという技術があります。
マザーボードのマニュアルに記載されている順序で2枚組や4枚組のメモリーを挿し込むだけで可能です。

規格
現行のシステムではDDR4という規格が一般的で、古いシステムではDDR3を利用する場合もありますので、増設時などは規格に合った種類のメモリーを選びます。

取り付け、取り外しはこちらの記事に記載しております。 
メモリモジュールの取付方法。メモリー増設の時も役立ちます。



パーツすべてを格安でオーダーし組み上げて動作確認等細かくチェックして最高な状態でお客様にお渡しいたします。


TEL 055-919-0354
上記ショップサイト内のお問い合わせ、ブログのメッセージ投稿欄でのお問い合わせやTwitterも返信致しております。
よろしくお願いいたします。