※中古パーツを除く新規パーツの価格帯で御座います。

PCケースはThermaltakeよりVersa H26シリーズが販売されており、
3,929円前後と価格も安くコストパフォーマンスに優れているモデルでお勧め出来ます。

CPUはインテルCore i9 9900Kが注目されています。65800円前後で前回より4,200円程
安くなってきております。

AMDではRyzen 7 2700Xが37,560円前後で人気が御座います。

前回お勧めしたAMDのRyzen 5 2600は23,430円と最安値が更新されております。

社外品CPUファンに関しては空冷ではサイズの虎徹 MarkII SCKTT-2000がお勧めです。
価格 3,300円前後となっております。

DDR4メモリも前回と同じ物で一般的な速度のモデルで8GB×2枚組(16GB)が
現在価格13,000円前後で販売されております。

マザーボードはインテルチップセットZ390仕様の上位マザーボードが最安値12,494円で
販売されています。
AMDのX470チップセット仕様の上位マザーボードは最安値が14,421円と500円程の価格アップ
となっております。

ビデオカードの注目はMSIのRadeon RX 580が最安値24,980円と比較的安価で購入できます。
GTX1060の6GB版は前回より価格が上がって最安値で27,980円になります。人気は高いです。

SSDは容量250GB~500GBが容量、価格的にも一般的に使いやすい売れ筋な容量となっております。
容量250GBで価格5,000円前後と手の出しやすい価格帯になりました。

ハードディスクは大容量化が進み、容量、価格的に4TB以上からがお勧めです。
容量4TBで価格8,600円前後から購入できます。

電源ユニットについては、現行のシステム構成では省電力化が進んでおり、一般的な
ゲーミング用途のパソコンも、SLIやストレージを複数ジョイントする等、特殊な
用途、仕様にしない限りは750Wクラスでも十分に対応出来ます。
750Wクラスで価格6,500円前後よりプラグイン式のモデルが購入出来ます。

上記を見ながら、今月の中旬でのお勧め構成でゲーミングPCを見積もってみましょう。

IMG_0299
※パーツの値段は12月15日現在に検索した価格ですので、価格変動等で前後致します。

CPU:Ryzen 5 2600 価格 23,430円前後

CPUファン:虎徹 MarkII SCKTT-2000 価格 3,300円前後

メモリ:DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組 価格 13,000円前後

マザーボード:X470 GAMING PRO 価格 14,421円前後

ビデオカード:Radeon RX 580 価格 24,980円前後

SSD:インテルSSD 545s SSDSC2KW256G8X1 価格 5,000円前後

ハードディスク:ST4000DM004 [4TB SATA600 5400] 価格 8,600円前後

電源ユニット:750W/85+ 価格 6,500円前後

PCケース:Versa H26 価格 3,929円前後

パーツ代合計103,160円
組み立て技術手数料 10,316円
合計113,476円

AMD-Ryzen

現状最新の環境でのゲーミングPCの為、処理速度で不満がなくハイスペックでスピーディー
な環境でゲームをお楽しみ頂けるスペックとなっております。
その他、様々なカスタマイズでのお見積りも可能ですので是非ご相談くださいませ!

TEL 055-919-0354
メッセージ投稿欄、メールでのお問い合わせも致しております。
よろしくお願いいたします。